腰椎椎間板ヘルニアの症状や頻度の高いスポーツ種目について

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎にはクッションの役割をする椎間板がある。この椎間板が突出し、腰痛や下肢痛を発症するものを腰椎椎間板ヘルニアと呼ぶ。基本的には保存治療で改善するが、難治性の場合や競技レベルによっては手術が考慮される。

頻度の高いスポーツ種目

水泳、バレーボール、野球、サッカー、新体操、バスケットボールなど多くのスポーツで生じる。

受傷機転

繰り返しの腰部への負荷により生じることが多い。

症状

腰痛や殿部の痛みが主な症状で、特に前屈で痛みを生じる。腰の前屈に制限が出ることもあり、中腰ができなくなる。悪化すると、日常動作でも痛みを生じ、支障を来す。突出した椎間板組織が神経を圧迫すると、下肢のしびれや痛みを生じる。神経の圧迫が強いと、足関節や足の指を反らす筋力か低下する麻痺症状が出現するので、悪化しないよう注意する必要がある。

検査・診断

MRI検査で突出した椎間板が確認される。ヘルニアによる神経の圧迫症状が出ると、仰向けで下肢を挙上した時にしびれや痛みが走る。

 

腰椎椎間板ヘルニアの治療・リハビリ・予防についてはこちら↓

腰椎椎間板ヘルニアの治療・リハビリ・予防のポイント!

戻る

最近の記事

カレンダー

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

月別アーカイブ

page topへ