シンスプリントは疲労骨折の前兆。

シンスプリントとは

ランニングによるスポーツ障害の代表であり、陸上選手に多く発生します。再発を繰り返しやすいので、適切な安静とリハビリで治したい。

頻度の高いスポーツ種目

陸上、ランニングを行うスポーツ全般受傷機転走る距離が多い競技者に発生しやすい症状です。。

シンスプリントの症状

下腿の中下1/3の脛骨の内側部(弁慶の泣き所付近)に、ランニング時の痛みや押したときの痛みを生じます。押して痛い領域は上下に幅広い。また、本人に痛みの自覚がなく、押されて初めて痛みに気付くことがあります。疲労骨折との区別は痛みの程度ではわからないため、医療機関での検査が必要である。両側に痛みを生じる場合も多いです。

シンスプリントの検査・診断

ランニングで下腿に痛みがあり、X線検査やMRI検査で疲労骨折がないことが確認されて、診断されます。

シンスプリントの治し方のポイントについては後日アップします!

小平市でシンスプリントの治療なら、あさば整骨院へ!

戻る

最近の記事

カレンダー

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

月別アーカイブ

page topへ