酸素飽和度とは

酸素飽和度とは

赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素と結合しているヘモグロビンの割合のこと。

動脈血の中にどの程度の酸素が含まれているかを示す指標となる。

正常な動脈血の酸素飽和度は97%以上であり、酸素飽和度が90%以下の場合は肺機能の低下が疑われます。

酸素飽和度は体に輸送される酸素量の指標の一つで、特に肺に関係して体に充分な酸素を供給できているかの指標になります。

身体への影響

酸素飽和度が低いと身体が酸性(pH値)になってしまい、酸素飽和度が高いとアルカリ性になる傾向にあります。

酸素供給量だけでなく、身体が酸性・アルカリ性になる要因はほかにもあります。

酸性になる原因

体内毒素、ストレスの蓄積、運動不足、栄養バランスの崩れ、電磁波、ネガティブ思考、疲労困憊、睡眠不足

アルカリ性になるには

緑黄色野菜、適度な運動、リラックス、ポジティブ思考、休憩など

酸素カプセルは究極の疲労回復機器!

戻る

最近の記事

カレンダー

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

月別アーカイブ

page topへ