小平市で骨盤矯正をお探しなら、あさば整骨院へ!~骨盤矯正の検査編~

Contents

こんな症状で困っていませんか?

✔下腹がポッコリ出てる

✔腰の筋肉がいつも張ってる感じがする

✔姿勢が悪くなってきた気がする

✔肩の高さが左右で違う

✔足のむくみが強くなってきた

✔太ももや腰回りに肉がつく

✔尿漏れするようになった

✔左右の足の長さが違う

✔️産後に腰が痛い

✔️体に力が入らない

✔️足がつる事が増えた

以上の項目で2つ当てはまったら骨盤矯正をしましょう!

このような症状でお悩みなら、小平市の整体あさば整骨院にご相談ください!

あなたを悩ます骨盤の歪み

骨盤が歪むと見た目や体の機能に様々な症状を引き起こします。

特に出産後は生活が目まぐるしく変化し、自分の時間も取れない方が増える為、骨盤矯正を後回しにしがちです。

歪んだままの骨盤を放置しておくとインナーマッスルである腹横筋、骨盤底筋、大臀筋などの働きが低下して体を支える事ができなくなります。

不安定になった体になるとある一定の場所に負荷やストレスがかかったりする為これが腰痛、肩こり、腱鞘炎、ホルモンバランスの異常を引き起こしてあなたの見た目も中身も不具合を起こしていきます。

骨盤をゆるゆるにさせておくのはあなたの生活の質を大きく低下させてしまうでしょう。

骨盤が歪む(ゆがむ)とはどういうこと?

そもそも骨盤がゆがむとはどういう事ですか?という質問をたまに頂きます。

図で説明すると分かりやすいのでまず通常の骨盤の状態と骨盤が開いた状態を見比べてみましょう。

ヒトを真横から見た様子になりまして、顔は向かって左側を向いています。

骨盤は▽で示している状態。

青いラインは骨盤の傾きを示していると思ってください。

通常の人の骨盤であればこのように青いラインは真っ直ぐである為、お腹側と背中側の筋肉はバランスが取れて同じくらいの長さになります。

では続いて骨盤が歪んだ状態、特に骨盤が開いた状態を見てみましょう。

それがこちら↓

こちらが骨盤が開いた状態です。別の呼び方で骨盤の前傾(ぜんけい)とも言います。

お腹側の骨盤が下に引っ張られて、背中側の骨盤が上に上がった状態です。

この状態が骨盤が開いた状態、前傾した状態であり、産後の骨盤の状態になります。

妊娠・出産の際に赤ちゃんのスペースを確保する為、お腹側の骨盤が下に落ちるのです。

妊娠されていない方や男性の方でも日々の体の使い方の癖や動きによってこのように骨盤が開くことはよくあります。

骨盤が開くとお腹側の筋肉は伸び、背中側(腰側)の筋肉は収縮して縮んでいき、ぽっこりお腹、反り腰といった症状が出てきます。

骨盤が歪むとどうなるの?

骨盤が歪むと体を支えるために必要な土台が崩れるわけですから、肩の高さや脚の長さの左右差の増大以外にも体に様々な症状が現れます。

代表的なものをいくつか紹介します。

腰痛、肩こり、膝痛、不良姿勢(猫背の促進)、ポッコリお腹、リンパ圧迫による下半身太り、冷え性、むくみなどです。

この他にもホルモンバランスも崩れやすいため精神的な変化も起こる事があります。

体が歪むと左右差が生まれ、どこか一部に負担が集中して症状がどんどん悪化していきます。

痛み・見た目・血行不良などに影響が出ます。

骨盤が歪む原因は?

毎回決まった方向に足を組む、横すわりをする、ヒールの高い靴を履く、産後、不良姿勢(猫背・反り腰)

などの原因で骨盤が歪んでいきます。

産後など大きい変化がある時でしたら分かりやすいのですが、中には骨盤がズレていたり歪んでいることさえ気づかず生活をしている方も多いです。

代表的なのはテレビ画面やパソコン画面、よく会話をする人が横にいる場合です。

画面や人を見るのに上半身が左右のどちらかに向く事が多く偏った生活を続けていると上半身が捻れていきます。その時は腰椎や骨盤のズレ・歪みが少しであっても、例えばほぼ毎日上半身がやや右を向いている状態が蓄積していけば右腰の筋肉が緊張して左腰に比べ右腰が膨隆してきます。

ほんの少しの身体の捻れが骨盤にストレスをかけて骨盤が開いたり、ゆるゆるになってしまったりするのです。

どんな骨盤矯正方法があるの?

骨盤矯正の方法には大きく分けて手技・筋トレ・医療機器を使用する方法があります。

このうち骨盤矯正メニューのある治療院のほとんどが手技と筋トレのみになります。

当院では医療機器も使い骨盤の早い矯正と再び骨盤を開きにくい状態にする独自の方法を確立しました。

あさば整骨院の骨盤矯正はここが違う!

当院では骨盤矯正の際に手技、筋トレにプラスして医療機器を使用しています。

これにより手の届かない奥の筋肉に対しアプローチできるようになり、早期に矯正が完了できるようになります!

骨盤矯正には身体の負担が少ない方法が望ましいのですが、当院では医療機器を使用することにより、より安全で正確な骨盤矯正が可能です!

手技について

手技では骨盤を閉めるためのアプローチをしています。具体的には腰と脚の筋肉を柔らかくして骨盤を通常の位置に戻しやすくする状態をつくります。

また、仙腸関節に関節モビライゼーションという関節を正しい位置に戻すようにアプローチする事で腰から仙骨、尾骨付近に出る痛みや不調を軽減させていきます。

筋トレについて

骨盤を支えるための筋肉を働かせるためのトレーニングをします。骨盤が閉じた状態を維持するために必要なインナーマッスルやアウターマッスルを鍛える事で骨盤矯正をした良い状態を維持します。

医療機器について

当院ではより安全に正確に骨盤矯正を行うため医療機器を使用しています。

医療機器を使用するメリットは通常手の届かない体の奥深くまでアプローチできる点です。

そうする事で骨盤が良い状態に変化しやすく崩れにくくなります。

今や医療機器は家電製品と同じでどんどん進化していますので、昔あったビリビリ体に電気が入るマッサージだけのものとは違い、筋肉を働きやすい状態にしたり(促通)、逆に必要以上に緊張してしてしまっている筋肉にストップをかけたり(抑制)する事ができます。

骨盤が歪んでしまった時に発生した筋肉の異常を通常の状態に戻すために医療機器が効果を発揮します。

通常の筋トレでは狙った筋肉以外にも力が入ってしまい肩こりが強くなったりする事があります。しかし、医療機器を使う事で必要筋肉にのみアプローチする事が可能になりました!

こんな検査には気を付けよう!

初めて会った方に、「顔、歪んでますね。」と言われらどう思いますか?何言ってんだろうこの人。と言われ方によっては不快感すら感じますよね。

では骨盤矯正の検査の時はどうでしょう。

骨盤を触っただけで「歪んでますね」と言われたらそうなんだなと納得しますか?

もし納得してしまう人は要注意です。

骨盤を触っただけで歪んでいると判断されるというのは、顔を見ただけで顔がゆがんでると言われているようなものなんです。

私の過去の顔の状態を知っていたらともかく、初めて会った人の顔が歪んでいるのか正常なのかなんてことがわかるはずがないんです。

さらに、顔のつくりは左右で違います。同じように骨盤の形も左右で違うのが当たり前です。脚の長さが左右で多少違うのも当たり前です。

骨盤矯正の検査は最初にある程度左右差があることを考慮しなければなりません。

どなたでも多少の左右差があるのです。

そう思うと骨盤を触っただけで歪んでいると判断された場合は気を付けなければいけません。

骨盤矯正の検査時は身体の動きや働きを診たりすることがとても大切です。

そういった検査をすることで初めて、この人にとって今の骨盤の状態は本来の位置でない、ズレている、歪んでいる、ということがわかります。

これから骨盤矯正をされる方は是非参考にして、時間もお金も無駄にしないようにしましょう。

骨盤のゴリゴリ

たまに骨盤が開くと骨盤周辺に見覚えのないゴリゴリとしたシコリができていたなんて言う方がいます。

この骨盤周辺にできる腰のゴリゴリは元々あった筋肉の凝り固まったものや脂肪組織が歪んだ骨盤に押し出されて目立つところまで体の表面に出てきたと考えられます。

触るとゴリゴリと共に痛みを感じたら固まった筋肉の可能性があります。

放置しておいても問題はないのですが、医療機器を投射する事で解消されることもあります。

よくある質問

Q:骨盤矯正は何回くらい施術が必要ですか?

A:骨盤矯正はおよそ8~16回の施術が必要になります。

Q:骨盤矯正は1回で効果がありますか?

A:効果があります。1回の施術後でも実感される患者様がほとんどです。しかし骨盤矯正をした後の骨格や筋肉の状態を保つためには1度の施術だけでは難しいため、8〜16回程度の施術をお勧めしています。

Q:どれくらいの間隔で施術を受けたら良いですか?

A:週に1回の施術ペースが理想的です。

Q:骨盤矯正で痩せますか?

A:骨盤矯正をしてすぐ体重は落ちませんがスタイルは変化します。特に下腹部のでっぱりや膨隆が減ったり、反り腰がなくなったりすることが多いです。

Q:産後どれくらいから施術を受けるのが良いですか?

A:産後当院に通えるくらいに回復したらご来院ください。

Q:産後いつまでに骨盤矯正を受けたほうが良いですか?

A:産後3~4カ月以内に骨盤矯正を受けるのをお勧めしています。その期間中は矯正をしなくても生理的に骨盤が元の位置に戻っていく傾向にあるのですが、不良姿勢や日常生活の変化によって骨盤が閉まりきらずに開いた状態が続く場合がほとんどです。そうならないために産後3~4カ月以内に骨盤矯正を完了しておくとその後の生活で腰痛・肩こり・腱鞘炎・内臓不調などの症状が起こりにくくなります。

Q:産後半年経過してしまいました。これから骨盤矯正を受けても間に合いますか?

A:間に合います。当院では医療機器の使用を取り入れておりますので、産後期間が経過していても効果があります。しかし、産後直後よりは数回多く施術が必要になります。

Q:骨盤矯正をしないとどうなりますか?

A:腰痛、肩こり、腱鞘炎、足のむくみの増加、下腹部の膨隆(ふくらみ)の増加、内臓不調などの症状が出やすくなります。

あさば整骨院から骨盤矯正をされる患者様に一言!

普段は当院でお教えしたエクササイズを必ず行ってください!日頃忙しいとは思いますが、大変ではないので是非隙間時間にやってみましょう!

少しでも行っていただくと骨盤の閉じるスピードが早くなり、見た目も痛みも早く引きます!

今まで悩んでいた症状が解消されるまでの期間、できるだけお教えした内容を遂行して頂けるようにサポートさせて頂きます!

 

小平市で骨盤矯正をお探しなら、あさば整骨院へ!

日本代表トレーナーが直接施術させていただきます。

骨盤矯正関連動画:

初めての骨盤矯正おすすめは?

あなたの下っ腹が痩せない理由

 

骨盤矯正料金表はこちら↓

料金表

骨盤矯正ページはこちら↓

骨盤矯正

骨盤矯正・部分痩せ(痩身)関連記事:

骨盤矯正のよくあるご質問!骨盤矯正Q&Aについて

骨盤矯正をはじめて受ける方はこちらをご覧ください!

骨盤矯正をされている患者様が読者モデルデビューしました!

読者モデルデビュー!!!

【こんな痩せるの?】医療機器を使って本気で痩身したら衝撃の結果が出ました。

間違いだらけの骨盤矯正。骨盤矯正の基礎編

骨盤矯正の回数や頻度は、これくらいが良いです!

骨盤の歪みチェックテスト!骨盤矯正をやる前に!

ファッションイベントでモデルさん達に施術しました!

ファッションイベント@六本木

戻る

最近の記事

カレンダー

    2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

月別アーカイブ

page topへ