四十肩・五十肩による肩の痛みなら、小平市の整体あさば整骨院へ!

こんにちは!

小平市の整体あさば整骨院です!

今回は四十肩・五十肩について書いていきます!

こんな症状で困っていませんか?

✔服を着る時に肩が痛い

✔歯磨きする時に肩が痛い

✔夜、肩が痛くて寝返りができない

✔肩痛でしっかり寝れない

✔肩の痛みで腕が腰の後ろに回らない

上述した症状をお持ちなら、まず四十肩・五十肩を疑いましょう。

Contents

四十肩・五十肩とは

四十肩(しじゅうかた)・五十肩(ごじゅうかた)は、肩の痛みと運動制限が特徴的な疾患で、医学的には「肩関節周囲炎」の一種です。

一般的には40〜50歳以上の人に多く見られることから、「四十肩・五十肩」という名前がついていますが、年齢に関係なく発症することもあります。

四十肩・五十肩の症状

四十肩・五十肩は、肩関節の炎症や痛みを特徴とする状態です。

以下に四十肩・五十肩の一般的な症状をいくつか示しますが、個人によって症状の程度や現れ方は異なる場合もあります。

1.肩の痛み:肩関節や周囲の筋肉に痛みが生じます。この痛みはしばしば鈍痛や鋭い痛みとして現れ、特に肩を動かす際に増悪します。

2.運動制限: 肩の可動域が制限されることがあります。肩を上げ下げしたり、前後に動かすことが難しくなる場合があります。

3.夜間の痛み: 多くの四十肩・五十肩患者は、夜間に肩の痛みが増強することを報告しています。特に横になるときや寝返りを打つ際に痛みを感じることがあります。夜間痛が四十肩・五十肩の最も特徴的な症状です。

4.日常生活への影響: 日常生活の様々な活動に制限が生じることがあります。例えば、腕を腰の後ろに回す、重い物を持ち上げる、服を着替えるなどの動作が困難になることがあります。

5.炎症や腫れ: 肩関節周囲の炎症や腫れが見られることがあります。腫れは肩の周囲の軟部組織の炎症反応によるものです。

上述した症状の他にも日常生活に支障が出る症状が多岐にわたり発症します。

四十肩・五十肩を放っておくとどうなるのか

もし四十肩・五十肩を放っておくと、以下のような影響が起こる可能性があります。

1.痛みの悪化: 痛みや可動域の制限を引き起こします。この状態が放置されると、痛みがますます悪化する可能性があります。炎症が続くことで痛みや不快感が増し、服を着る、物を持つ、髪の毛を洗う、歯磨きをするなど日常生活動作が困難になります。

2.可動域の制限: 肩の可動域がますます制限される可能性があります。これは、日常生活の動作に支障をきたすことや肩の筋力低下につながることがあります。

3.慢性化: 症状が長期化します。炎症や痛みが慢性化し、回復が困難になることがあります。早期の適切な治療やケアが行われない場合、四十肩・五十肩は長引きます。

4.姿勢の変化や筋力低下: 姿勢に変化が生じることがあります。また、痛みや可動域の制限により周囲の筋肉の動作や強さが低下する可能性があります。これは、肩や腕の筋力の低下や不均衡を引き起こすことがあります。

四十肩・五十肩の原因

医学的にも原因は明確には分かっていませんが、いくつかの要因が関与している可能性があります。以下に、一般的な四十肩・五十肩の原因として考えられるものをいくつか挙げます。

1.高齢化: 主に40歳以上の人々に見られることが多く、加齢による組織の変化・変性が関与していると考えられています。関節の軟骨や靭帯の劣化、血流の低下などが関与する可能性があります。

2.炎症や組織の損傷: 肩関節周囲の組織に炎症や損傷が生じることで、四十肩・五十肩の症状が現れることがあります。これは、急激な運動や反復的な動作、事故やけがによる肩の負傷などが原因となることがあります。

3.姿勢の問題: 悪い姿勢やその乱れが肩関節に負担をかけ、四十肩・五十肩のリスクを高めることがあります。例えば、パソコンをする際の前かがみの姿勢が長時間続いたり肩の使い方の不適切さが関与することがあります。

4.代謝異常や内分泌の問題: 体内の代謝異常や内分泌の問題が四十肩・五十肩の発症に関与することがあるとされていますが、具体的なメカニズムはまだよくわかっていません。

5.遺伝的要因: 遺伝的な要因も関与している可能性があります。家族歴や遺伝子の変異が、個人の四十肩・五十肩の発症リスクを増加させることがあるとされています。

あさば整骨院の治療方法

小平市の整体あさば整骨院の四十肩・五十肩への施術方法は専用の医療機器を使用します。

医療機器を用いて炎症を抑え、固まってしまった周囲の組織をじっくりと温めて拘縮を取り除いていきます。これにより軟骨・関節・靭帯の劣化を抑え、血流の改善を行い肩関節へのストレスを軽減していきます。また、姿勢による症状悪化を防ぐ為、姿勢改善や普段やって良い事、やってはいけない事を患者様それぞれに指導しています。

また、痛む動きによってアプローチ方法は大きく異なります。例えば、腰の後ろに手を回した時に肩が痛む場合とバンザイをしようとすると肩が痛む場合とでは原因となる部位やアプローチの仕方や使用する医療機器が変わります。その為患者様の症状に合わせた治療・リハビリを行います。

あさば整骨院に来るまでに気をつける事

四十肩・五十肩は適切な処置をすると痛みが軽減していきますので、「私は四十肩・五十肩かな?」と思ったらすぐにあさば整骨院にお越しください。

来院されるまでの間、気を付けていただきたい事をいくつか挙げます。

1.過度な肩の使用を控えましょう。重い物の持ち上げや引っ張る動き、肩を大きく動かす運動などは悪化させる可能性があります。

2.オリジナルの運動や無理なストレッチを控えましょう。 YouTubeや本などを見て良かれと思って行っている運動や無理なストレッチは痛みを悪化させている可能性があります。

3.前かがみにする姿勢を控えましょう。前かがみ姿勢は肩に負担をかけ、症状を悪化させる可能性があります。

4.肩に圧力をかける寝姿勢を控えましょう。横向きで寝る際、痛む側の肩を下にして寝るのは避けましょう。痛む側の肩を上にして可能な限り肩を支える枕やクッションを使用し、肩への圧力を軽減させましょう。

5.痛む側の手をついて立ち上がるなどの動作を控えましょう。手をついて立ち上がる際に肩痛を悪化させる恐れがあります。

以上、四十肩・五十肩について書きましたが、症状は改善していきますので、早めの治療やリハビリを行う事をお勧めします。

 

 

肩痛関連動画:

あなたの肩痛・首痛はこれが原因かもしれません。

首こり・肩こり解消を遠ざけるあなたの習慣

 

 

戻る

最近の記事

カレンダー

    2023年12月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

月別アーカイブ

page topへ