あなたの自律神経症状(自律神経失調症)度チェックテスト

あなたの症状や状態から自律神経の症状(自律神経失調症)度がどれくらいなのかを簡単にチェックできるテストです。

当てはまる項目が多ければ多いほど重症となり、長い期間の治療が必要になることがあります。

軽度であっても油断せず、日頃のケアを行って更に健康な体を手に入れるようにしていきましょう!(ケアの方法はあさば整骨院で治療した際に皆さんにお伝えしております)

それではいくつ当てはまるのか数えてみましょう。

 

1.頭痛がしたり頭が重い時がある

2.首が痛んだり張る事がある

3.肩コリがあり、肩が重い

4.風邪を引きやすかったり風邪ぎみの事が多い

5.めまいがあり、視界がグラグラ回る事がある

6.フワフワ・フラフラした感じがあり、体が何となく不安定な事がある

7.吐き気、食欲不振、胃の痛みや不快感がある

8.物を飲み込みづらい事がある

9.夜寝つきが悪く、夜中に目覚めることが多い

10.血圧や脈に乱れがある(高血圧など)

11.暖かいところ、もしくは寒いところに長く居られない

12.汗が出やすい、汗が出ない、汗をかいていて急に止まる事などがある

13.安静にしているのに急に動悸が激しくなったり、急に脈が速くなる事がある

14.目が見えにくく、ぼやけたりする事がある

15.目が疲れやすい、目が痛い

16.まぶしく感じる事があり、目を開けていられない

17.目が乾燥する(ドライアイ)、涙が出すぎる

18.口が渇いてしまい唾が出ない、つばが多い

19.微熱が出る事があり、微熱の原因は不明である

20.下痢や便秘である、胃腸関係の症状が出る事が多い

21.すぐ横になりたくなる、動きたくなくて昼間から横になっている

22.疲れやすく、全身がだるい、倦怠感がある

23.意欲や気力がない、何もする気が起きない事がある

24.天候悪化の前日は症状が強くなる、天気の予想がよく当たる

25.気分が落ち込んだりする事がよくある

26.1つのことに集中できない、集中力が無い

27.わけもなく不安、いつも不安感を抱く事がある

28.イライラしたり、怒りの沸点が低いと感じる事がある

29.根気がなく、仕事や勉強を続けられない

30.手足が冷たい、手足がしびれる、末端冷え性である

31.胸部が痛くなる事がある、胸部圧迫感がある

32.思い切り息を吸いこむと苦しくてむせる

33.長く寝た翌朝でも疲れている

 

【自律神経症状重症度チェック】

該当した項目

【4個以下】特に問題なく健康であると言えます。治療も必要ありません。日頃の姿勢に気を付けて、首周りを緊張させないようにしましょう。

【5~10個】軽度の自律神経症状があります。軽度なうちに治療を行い、普段の首周辺のケアを行いましょう。

【11~17個】やや危険な状態です。自律神経症状に異常が起こっていることは間違いないでしょう。専門の医療機関を受診し、医療機器を投射することを強くお勧めします。

【18個以上】重症です。心身ともに悲鳴を上げている事は明白で、要治療です。症状がとても悪化している為、身体の小さな悲鳴にも意識は届かず、今の生活の状態では自力で回復していく事はまず不可能でしょう。24個以上該当する人は自分自身を傷つけ始めます。必ず専門の医師を受診しましょう。

 

自律神経症状の重症度チェック、あなたはいくつ当てはまりましたか?

身体を無意識で動かしてくれている自律神経は非常に大切な役割をしています。あさば整骨院では神経専門の医療機器をじっくり投射することで治療していきます。

治療やケアの時間を作って、少しでも健康で過ごせるようにしましょう!

 

自律神経失調症関連記事:

自律神経からくる症状を改善するポイント

 

戻る

最近の記事

カレンダー

    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

月別アーカイブ

page topへ