金メダリスト・清水宏保さんから伺った『金メダリストになる方法!』

1000066_396531417126956_28881261_n清水宏保さんと言えば、長野オリンピックの金メダル決定の瞬間が記憶に新しい方も多いのではないでしょうか?

以前、清水さんとお話しさせていただいた中で『金メダリストになる方法』のヒントが隠されていましたので、スポーツをする人だけでなく腰痛・膝痛の方々にも予防になりますので、是非参考にしていただけたらと思います!!!

pimg_3229_1_1

強靭な太ももに目を奪われがちなスピードスケート。しかし、ある部分の働きがとても重要な役割を担っているんです。

それは… 足の指ちゃん!!!

飴ちゃん!みたいな言い方になってしまいましたが、普段あまり気にしたこともない足の指に親しみを持っての、足の指ちゃん!

清水さんに直接見せていただきましたが、足の指がとても器用に動くんです!大げさではなく、本当に手の指と同じように指一本一本が独立してしなやかに動いているようでした。こんなに動くものかと圧倒されてしまいました。

そう、『金メダリストになる方法』、その一つはこの足の指の感覚が関わっています!!!

img_index01

例えば靴の中に小さな石や砂利が入ると違和感を感じて取り出しますよね?これは足裏のセンサーから脳へ情報が届けられているためです。

このセンサーは違和感を感知するだけでなく、足にかかっている力・方向・傾きなどを感知して脳に届けています。脳はその情報ををもとに身体の状態を判断し筋肉や関節に“どのようにすべきか”を指示します。

サッカー選手や野球選手、バスケット選手、陸上選手、バレー選手など、普段靴の中は見れませんが、指の動きが柔軟な選手ほど走り始めの一歩目が速い、バランス感覚が良いなど、明らかに身体能力が上がることがアメリカの研究でも実証済みです。

最近でもメジャーリーグのイチロー選手が、靴裏の改良のお陰で一塁までの走行タイムが上がった話がありましたよね?

7

話を清水さんに戻しましょう。

清水さんは現役時代、足の指のしなやかさや機能を失わないために毎日指のトレーニングやケアを怠らなかったようです。

大会や記録会で自己ベストが出ない・本番で実力が発揮できない・もっと記録を伸ばしたい・日本一になりたい・優勝したい方、ヒントになりましたか?

また、スポーツだけでなく、身体のどこかが痛い方も悪化の予防になります!

どのようにトレーニングをすれば身体能力が上がるのか、もっと知りたい方は私に直接聞いてください。

数分で身体能力を上げてあげますよ(^-^)

それではこのへんで!!!

 

戻る

最近の記事

カレンダー

    2020年12月
    « 11月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

月別アーカイブ

page topへ