野球肘について(成人)

野球肘(成人)について

成長期を終えた選手で、投球時の肘の痛みでは、肘内側側副靱帯損傷、肘関節後方インピンジメント、変形性肘関節症、肘頭疲労骨折、尺骨神経障害など、様々な肘の障害が生じます。

それぞれの症状にに応じた治療が必要です。

頻度の高いスポーツ種目(野球肘になりやすいスポーツ)

野球など(変形性肘関節症はテニスや柔道などでも生じます)

受傷機転(野球肘になるきっかけ)

繰り返される投球・スイングなどの動作により負荷が蓄積し、徐々に痛みを生じる場合が多いです。

また、ある1球で痛みが激しく出現し投球不能になることもあります。

野球肘の症状

肘内側側副靭帯損傷では、投球時の肘の内側の痛みが主な症状です。

後方インピンジメントでは、ボールリリースからフォロースルーにかけて、肘の後方の痛みを訴えることが多いです。

変形性肘関節症では可動域制限が顕著です。肘の内側を通過する尺骨神経が障害を受けると小指にしびれが出現します。

検査・診断

X線検査CT検査、MRI検査を組み合わせて診断されます。

 

成人の野球肘について今回はここまで!

次回は、あさば整骨院で行っている野球肘の治療やリハビリ方法について書きます!

小平市で野球肘の治療なら、あさば整骨院へ!

 

成人の野球肘関連記事:

野球肘(成人)の治療・リハビリ・予防のポイント

戻る

最近の記事

カレンダー

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

月別アーカイブ

page topへ