運動会撮影は単焦点レンズでお試しあれ! 

運動会やスポーツの大会など、いつまた縮小されるか分からないので、一回のイベントの価値がコロナ前よりも高い気がしております。

なるべく子供や選手が頑張っている姿を写真に残しておきたい!

そんな方は望遠域の単焦点レンズがおすすめです。

ズームレンズと単焦点レンズのどちらもお持ちの方、是非単焦点レンズをお試しください!

サッカーやラグビーのようにとても広いフィールドの場合はズームレンズが良いのではないかと思いますが、バスケットボール、バレーボール、ハンドボールなどの体育館競技や幼稚園・保育園の運動会などでの撮影でしたら望遠域の単焦点レンズがとても綺麗な写真が残せます。

今回は実際に撮影してまいりました。

夜の体育館でバスケ選手を撮影という、光が少なく尚且つとても動きの激しい被写体にピントを合わせなければならない悪条件でしたが、非常に綺麗に被写体を写し出すことができました。

この条件でこれだけ綺麗であれば運動会は更に良く撮れると思います。

カメラの設定などは以下の通りです。

ぜひ参考にしてください!

【設定】

単焦点レンズ135mm

Sモード(シャッタースピード優先モード)

SS(シャッタースピード)1/1000

ISOオート(100〜3200)

f1.8

【解説】

このシャッタースピードで指先まで止まってくっきり写ります。

f値はそのレンズが持つ最も低い数値にします。そうすることでレンズに光が多く入り被写体へのピントが早く合います。また、f値が低ければ低いほど被写体以外の部分がボケますので、プライバシー保護の面からも良いかと思います。

一度写真を撮り、写真が明るすぎるなという場合にはシャッタースピードをもっと上げてみたり、f値を上げたり、露出をマイナスの方にするなど、どれかやってみてください。私のお勧めはシャッタースピードを上げる(1/2000などにする)方法です。

【ズームレンズよりも単焦点レンズがおすすめな理由】

私のようにカメラを普段あまり使い慣れていない方であれば、ズームレンズの広角・標準・望遠の操作がもたつく事があり難易度が高く、被写体に寄ったり引いたりするのが大変です。なかなか良い画角が分かりません。

後で確認すると写したいところがボケてしまっていたり残念な結果になる事も少なくありません。

その点、単焦点レンズでは画角が決まっているので最初から最後までその画角で撮ります。非常にピントが合うスピードが速いのでピンボケ率も少なくしっかり美しく撮れており、写真をクロップ(切り取ったり拡大したりする加工)をしても十分綺麗な写真になっております。

以上、70-180mmのズームレンズと135mm単焦点レンズの2つを実際に使ってみての感想でございました。

もっと良い設定などありましたらご意見お寄せください!

それではスポーツシーンで自己ベストを出す為に、選手もカメラマンも頑張ってください!

 

 

最近の記事

カレンダー

    2022年5月
    « 4月   6月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

月別アーカイブ

page topへ