風邪の対策・予防はプロから習え!!!

遠征であちこちに行くことの多い選手達。

彼らは日々のケアをとても大切にしています。

なぜなら、たった一度のミスで選手生活が終わってしまうかもしれないからです。

そのため、風邪などの症状で自身のプレーの質が落ちないように気を付けています。

テニスやゴルフの賞金を見ても、たった一点差・一打差で数千万円も変わるわけですから、いかに日々のケアができているかの勝負になるわけです。

東京五輪で使用された表彰台のレプリカ。記念撮影も可能だ=和歌山市本町2のフォルテワジマで2015年9月24日午後6時27分、倉沢仁志撮影

 

スポーツ選手に限らず、風邪を引けないのは私たち一般人も同じ。仕事や部活などで絶対に風邪を引けない!そんな方も多いと思います。

プロスポーツ選手が行っている、というよりも私がプロに支持しているやり方が非常に好評なので、風邪の予防や、既に風邪を引いてしまった方に参考にしていただけたらと思います。

 

その方法とはこれ。

jirei_bath601

お風呂にお湯ためて・ドア開けっぱなし!

たったこれだけです。巨大な加湿器のできあがりです。

遠征の多い選手はいちいち加湿器を持っていけません。宿泊先のホテルも加湿器がないところもあります。そんな時はこの方法がベスト。

湿度計があれば50~60%程度にすると良いと思います。風邪の予防だけでなく、インフルエンザウイルスもこの状態に保つ事で感染予防に効果があります。34267

まずはこのあたりの数値から試してみて、続けていくと自分の身体は何%くらいに湿度を保つと調子良い、などがわかってきますので、ぜひ普段からやってみましょう!

コンディショニング一つで結果は大違い。普段から勝つためにやっているのか、試合や大会の時だけ勝つためにやっているのか、どちらが勝てる可能性があるでしょうか?

こういうコンディショニングで差をつけましょう。

 

今回の『風邪の予防・対策はプロから習え!』は参考になりましたでしょうか。

やっていない方は是非取り入れてみてください!

あ、手洗いうがいはもちろんやってくださいね!

それではまた~!!!

 

 

 

小平市で整体・治療・交通事故治療をお探しなら、あさば整骨院へ!

日本代表トレーナーが直接施術します!

戻る

最近の記事

カレンダー

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

月別アーカイブ

page topへ