外頸骨(有痛性外頸骨)の治し方

外頸骨(有痛性外頸骨)とは

外頸骨(がいけいこつ)は足の舟状骨(しゅうじょうこつ)の内側に生じる過剰骨で、日本人の約15%に見られる症状です。

原因

骨の突出した部分と靴との接触、後脛骨筋(こうけいこつきん)への筋緊張増加、足底アーチの扁平化、足関節・足趾の柔軟性不足、歩行や運動時の足の接地オーバープロネーションなどが原因で痛みが出ます。

また、捻挫を機に痛みが出始める事もあります。

治療方法(治し方)

変形してしまった骨に関しては元に戻ることが無い為、外頸骨発症後は早期に医療機器の投射、足底アーチ・足関節・足指の改善を行い治療します。

インソールやテーピングを使用する事も悪化を防ぐ手段の一つです。

これら治療やリハビリを行い、それでも改善が診られない場合は手術の適応となることがあります。

 

小平市で外外頸骨にお悩みなら、あさば整骨院へ!

 

戻る

最近の記事

カレンダー

月別アーカイブ

page topへ