TFCC損傷とは

「TFCC損傷とは」「TFCC損傷 治し方」などでお探しなら、あさば整骨院へご相談ください。

ここではTFCC損傷について、そしてその治し方について解説していきます。

TFCC損傷とは

三角線維軟骨複合体(TFCC)と言い、手首の小指側に付着しており手首を安定させる役割を持っているのですが、そのTFCC部位が損傷することをTFCC損傷と言います。

受傷機転

スポーツや日常生活でも受傷します。

スポーツの多くはテニスなどの反復外力によるものが多く、日常動作でも手関節を捻る動きや手をつく瞬間などで受傷します。

単発の外力で生じるものと繰り返しの外力によるものがあり、単発外力ではスノーボードやサッカーなどの転倒で手をつくことによって生じ、繰り返し外力では野球やテニスなどで回旋負荷が手関節にかかり生じます。

特にテニスの場合利き手が最も多く、フォアハンドストロークで過度にスピンをかけるショットの際に受傷するケースが多いです。

また、ゴルフの非利き手側で、ボールインパクトからフォロースルーで受傷することがあります。

予防

保存療法では痛みの出るスポーツ動作を休止し、サポーターやテーピングなどを使って手関節を固定し患部の安静を保つことが大切です。

競技の再開時は、必ず装具、テーピングの着用をしましょう。

特にスポーツ時にかかる過度な手関節尺屈強制や尺屈回外強制には注意が必要です。

しかし、完全に予防できるものではなく、症状を長引かせないことが重要です。

 

次回はあさば整骨院で行っている、TFCC損傷の治療方法を解説していきます!

 

 

戻る

最近の記事

カレンダー

月別アーカイブ

page topへ