外反母趾の種類について

外反母趾症状の種類について

こんにちは!小平市の整体 あさば整骨院です!

今回は外反母趾の種類について解説していきます。

 

靭帯性外反母趾

中足部の横アーチを支えている横中足靭帯(中足関節)が、伸びたり縮んだりしてしまい、親指が小指側に大きく曲がっている状態の外反母趾のことをいいます。

 

仮骨性外反母趾

親指そのものは大きく曲がっていないものの、親指の付け根の骨(MP関節)が異常に発達(仮骨形成)して出っ張り、曲がって見える状態のことをいいます。

歩行時に親指が浮いてしまい、親指の付け根を打ち付けすぎるために起こります。

 

混合性外反母趾(最多)

靭帯性外反母趾と仮骨性外反母趾が混合したもので、外反母趾の中で最も多い症状です。

特に中高年女性に多く見られます。

最初は靭帯性か仮骨性のどちらかから始まり、加齢につれて両方の要素を含んでいきます。

親指の付け根と靴との摩擦により、粘液性の「バニオン」というものが仮骨の上に溜まることがあります。

 

上述したうちのどの外反母趾の状態でも医療機器による施術は効果を発揮します。

変形してしまった骨の形を手術をする以外治すことはできませんが、外反母趾による痛みは専用の医療機器で改善します。

是非ご相談ください!

 

戻る

最近の記事

カレンダー

    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

月別アーカイブ

page topへ