腰椎分離症・分離すべり症について

腰椎分離症

分離すべり症

腰椎分離症・分離すべり症とは、腰椎(腰の骨)に生じる疲労骨折のことで、分離症のほとんどが成長期に発生します。

早い段階で見つかれば骨折の治癒が期待できるので、早めに医療機関を受診しましょう。

腰に負荷がかからない身体作りも大切なため、腰や股関節周辺だけでなく、下半身や胸郭周りの柔軟性・安定性の改善を行わないと症状が長期化しますので気をつけましょう。

 

頻度の高いスポーツ種目

(腰椎分離症・分離すべり症になりやすいスポーツ)

陸上競技、体操、水泳、バレーボール、野球、サッカーなど多くのスポーツで生じます。

腰を反る動きを繰り返すスポーツが圧倒的に発症しやすいです。

受傷機転

(痛めやすい動き)

腰部の伸展(腰を反る動き)や回旋の負荷が徐々に蓄積し、疲労骨折を生じることが多いです。

 

症状

最初はスポーツ中やスポーツ後の腰痛が出現し、軽度の痛みがあります。安静により痛みが消失する場合、医療機関を受診せず放置していても治ることがあります。

しかし、ほとんどの場合スポーツ活動の継続に伴い徐々に痛みがひどくなり、日常生活でも痛みを生じるようになります。

腰を反らした時(伸展時)の痛みが特徴的であり、ひどくなると前屈時の痛みも出てきます

 

検査・診断時

初期の腰椎分離症はX線検査では見つからないことが多く、MRI検査やCT検査により疲労骨折が確認されます。

進行の程度から初期、進行期、末期に分けられます。

放っておくと骨の再生は出来ず、ずっと分離したままになるため早めの受診をお勧めします。

 

小平市で 腰椎分離症 分離すべり症 の治療なら、あさば整骨院へ!

戻る

最近の記事

カレンダー

    2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

月別アーカイブ

page topへ