コンディショニング後に自己ベスト更新!!!

また当院のコンディショニングをきっかけに陸上選手200m走自己ベスト更新しました!

記録的には0.3秒縮み、向かい風を考慮するともっと縮んでいる計算になります。

『当日めちゃめちゃ調子良くて、いける!と思った』

と言っていただいた通り、高校生の選手が怪我で治療中にもかかわらず自己ベスト更新。

 

陸上選手は練習内容や競技技術の獲得の際、自分に合うか合わないかが結構明確に分かれます。

つまり、同じ指導者に教えてもらってもタイムが伸びる選手と伸びない選手がいるということです。

 

あさば整骨院は陸上競技にかかわらず、色々な競技の選手が自己ベストを更新する理由は、

『運動するにあたって、マイナスを潰していく技術』が高いからです。

 

みんな、ほぼ全員、指導者は選手の運動能力が上がるための練習をしていきます。

良いことです。

 

しかしそれと同時に『運動能力が上がらない条件』を知っておくことも大事です。

身体が思うように動かない条件。

身体が動かない、動きにくい条件を潰していくことで、結果的に動けるようになるのです。

その技術が選手たちの自己ベストに繋がっているんですね!

 

『ここが硬いと速く走れないよ』

『この筋肉しっかり働いてないよ』

さて何人の選手が私のこの言葉を本気で聞いて実行していたでしょう。

❶速く走れるかもしれない数えきれない手段と、

❷速く走れない絶対条件。

この2つが大切ですね!

 

少しでもタイムを縮めたい選手はあさば整骨院に相談してみてくださいね^_^

これから始まる大会は一生に一度、今しかありません。

今頑張れない選手は今後も頑張れません。

今目の前にあるものに集中して頑張りましょう!

戻る

最近の記事

カレンダー

    2020年12月
    « 11月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

月別アーカイブ

page topへ