温湿布? 冷湿布?

よく勘違いされている方が多いですが、基本的に温湿布と冷湿布で“温度”は変わりません。

患部を温めて下さいね。と言うと、「じゃあ冷湿布はダメですね?」と言われる方がいます。

冷湿布はメントール

温湿布はカプサイシン(唐辛子の成分)

と言って、皮膚に着くと冷たく感じたり温かく感じたりするだけで実際の温度に変化は起こりません。

“感覚”が違うだけです。

どちらも消炎鎮痛剤が入っていて、痛みを落ち着かせてくれる成分が入っています。

注意すべき点としては同じところにずっと張っているとかぶれたりします。また傷口の上に貼らないようにしましょう。

色々なサイトで、温湿布は慢性腰痛や慢性的な肩こりといったような時に貼りましょう!などと書いてありますが、急性慢性関係なくお医者さんで出される湿布は大体冷湿布が多いですよね?

温湿布、冷湿布、好きな方を貼りましょう!

 

戻る

最近の記事

カレンダー

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

月別アーカイブ

page topへ