”手技”に最先端は無い。

世界最高峰のスポーツリーグ、NBAでプレーする選手が大きなケガをしたとき、ドイツへ行って手術する選手がいます。(コービーブライアントの膝の手術など)

 

なぜわざわざドイツへ行って手術するのでしょうか?

それはアメリカ国内ではできない、ドイツにしかない医療機器を使った治療技術があるからです。

 

ドイツは医療の世界最高峰です。

毎年、世界最大の医療機器の展示会がドイツであります。

医療機器の進化とそれを扱える技術、国の認可の問題など、さまざまな分野でドイツは一歩先を行っています。

 

医療機器を扱える技術を高めていくことが、選手寿命の延命に繋がります。

 

同じ治るなら期間は短い方が良い。

アスリートに限らず、一般の方も早く治る手段を知った方が良い。

 

パソコン、スマホ、家電製品。みんな進化して時短できています。

“手技”に最先端は無いですよ。

 

『日本人は手先が器用』

その通りです。

しかし、残念ながら手先が器用なだけではアスリートや患者さんは治せません。

医療機器を扱える技術が大切です。

 

 

ちなみに、当院で治療しているアスリート達が早く治る理由、自己ベストが出る理由は、ドイツと日本にしかない医療機器技術を使っているからです。

 

“価値”のある選手っていうのは、試合に出続けられる選手の事です。

いつでも出られる選手。

つまり健康でいられる選手ですよ。

しょっちゅう怪我をしている選手、ケアを怠る選手に”高値”はつきません。

必ずしも上手な選手が価値があるとは限らないんですよ。

 

『上手な選手=価値のある選手』は間違いですが、

『価値のある選手=健康な選手』というのは正しいです。

 

治療はスポーツの一部なのだ ಠ_ಠ

 

戻る

最近の記事

カレンダー

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

月別アーカイブ

page topへ