誰も教えてくれない、スポーツのコツ。

バスケでいうとシュートはどうやったら入るのか。

野球やサッカーやテニスでいうとどうやったらコントロールが良くなるのか。

陸上競技でいうとどうやったら速く走れるのか。

学生選手はどう考えて練習していますか?

あさば整骨院は治療院なのに、治療直後からシュートやコントロールが良くなったり自己ベストが出やすいのはなぜなのか。

なぜ私が担当したプロ選手の成績が上がるのか。

その考え方を少し教えます。

 

いろんな方向から考えるべきなんですよ。例えば、

①シュートはどうやったら入るのか。

②シュートはどうして外れるのか。

③技術の問題か、〇〇の問題か。

 

ほとんどの選手が①だけを考えます。

シュートを入れるための練習ですね。

指導者の方達も①のための練習しか教えてくれません。

シュートを打って、何本入った。

また打って、何本入った。1本2本3本…と数えたり。

こうしてみたらもっと入るんじゃないか?

また打って、何本入った。

“だから”いつまで経っても試合でシュートが入らないんですよ。

 

負けを知らなければ、勝つことはできない。

黒しかなければ、それを黒だと気づけない。

ネガティブを知らなければ、ポジティブな言葉は言えない。

 

つまり、

シュートを入れたいなら、

『なぜシュートが外れるのか』も知っていないと、

シュートを入れることはできない。

という事だ。

(シュートが外れる条件を知っておくという事)

 

更に言うと、これが理解できない選手は、

シュートが入ったとしても、

『なぜ入ったのか』がわからない状態で練習を繰り返している。

という事になるのだ。

 

そのような事を考えていくと、シュートに”深み”が出て、より精度が上がっていくのだ。

うまくなりたかったら感覚だけでスポーツをするのはとても危険だ。

 

それと、③の〇〇に入る言葉を言ってしまうとみんなシュートやコントロールが良くなる可能性がありますが、ここでは教えません。③は自分で改善することは不可能だからです。

 

ちなみに、治療家やトレーナーにも似たようなことが言えます。

『痛みを知らなければ、治し方はわからない。』

ですから私はスポーツの世界にいますし、スポーツをし続けています。

治療家でいるうちは絶対にスポーツはやめない。

プロバスケ、プロゴルフ、他プロ選手と同じトレーニングを経験したり、フルマラソン走ったり、総合格闘技では世界チャンピオンが多く所属するジムを選んで5年通った。その理由は、怪我のリスクが一番高いからです。

首や腕やいろんな関節は捻られ、毎回痛い。挙句の果てに左膝の靭帯を切って松葉杖生活もした。そこで初めて「これでは仕事にならないな」と思って格闘技はやめた。

だが、しかし!

怪我を知らない治療家やトレーナーなんて、あり得ないぜ!

自分が怪我をすればするほど、いろんな症状の治し方がわかって、どんな勉強会より価値があるぜ!

映画や音楽鑑賞で怪我はしないぜ!

…ぜ!ಠ_ಠ

スポーツ経験や怪我の経験もあまりない治療家やトレーナーがいたら言ってやりたい!

『呑気かっ!』

 

 

少し脱線しましたが、そんなこんなで、

誰も教えてくれない、スポーツのコツ。というテーマはこれを境に、

あさばが教えてくれた、スポーツのコツ。としたい!

自分の競技に当てはめて是非考えて練習してみてくださいね!

 

今週末はプロ選手のバスケットボールクリニック!

頑張ってまいります!!!

戻る

最近の記事

カレンダー

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

月別アーカイブ

page topへ