堂本剛さんが発症した『突発性難聴』について。

発症後1週間以内の治療開始か、1週間以降の治療開始かで、その後の人生を大きく左右する病気があります。

治るか、一生苦しむか。

『こんな症状があったら、必ず早急に病院へ行ってください   〜耳編〜』↓

朝起きた時や日中に、急に片耳に出現します

①耳栓をしたようなつまり感

②耳鳴り

③会話などが聴こえない(聴力の低下)

④アラームやチャイムなどの音が鳴っているのはわかるが、どこから鳴っているかわからない

(⑤めまい、ふらつき)

 

①〜④は実際に私が発症しました。

医師の診断は『突発性難聴』。

疲れやストレスなどが原因だとされていますが、はっきりしたことは現在をもってもわかっていません。

現に私はストレスを感じていませんでした。と、思っているだけかもしれません・・・

芸能人や歌手の方が発症していることから、一部の方はその怖さについてご存知かもしれませんね。

 

この症状、発症から1週間以内に薬の投与を開始すれば改善していく確率が高いです。

しかし、発症から1週間を経過してしまうと回復しない確率の方が高くなるようです。

つまり、一生片耳が聞こえません。

実際にこの症状で15年間片耳が聞こえない人もいます。

私も「このまま一生、片耳が聞こえないんじゃないか…」と本当に不安になりましたが、発症後すぐに病院へ行き、薬を投与してから徐々に回復し、現在は完全に回復しました。

これが発症直後↓

これが薬の投与開始から約2週間後↓

実線が患部側の耳、点線が健側です。

発症直後の聴力レベルは大幅に低下しています。

特に500Hz(ヘルツ)〜1000Hzの周波数の音が聞こえづらくなっています。

500〜1000という周波数はちょうど人の声くらいの音です。

(普段の会話:女性700Hz程度、男性600Hz程度)

発症中は人と会話するのが本当に大変でした。

最初は風邪の前兆かな?  なんて思ってしまいました。

私は完治したから良いものの、1週間以内に薬の投与をしたが治らず、その後ずっと苦しむ方もいます。

一週間以降の受診になってしまい回復しなかった方の中には、仕事や育児などでなかなか病院へ行けなかった、治るかなと思って様子をみてしまったという理由が多いようです。

是非頭の片隅に入れていただき、同じような症状になったら必ず早急に病院へ行ってください。

(その際は耳鼻科を受診してください)

私も発症中は本当に怖い思いをしました。

これを読んだことで1人でも多くの方が改善することを願います。

 

やはり、スポーツも病気も怪我も、体感したことしか伝えられませんね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

戻る

最近の記事

カレンダー

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

月別アーカイブ

page topへ