スポーツ外傷とスポーツ障害

プレー中に明らかな外力によって組織が損傷してしまう、スポーツ外傷。主に、打撲や捻挫、骨折、肉離れ・靭帯損傷など、転倒や衝突などによって突然負ってしまう外傷の事をいいます。

スポーツによる過度の負担が繰り返され、慢性的に痛みなどの症状が続くスポーツ障害。軽いものでは、テーピングなどで一時的に痛みを和らげる事も可能ですが、重症化すると日常生活にも支障が出るようになります。

どちらの場合でも、初期段階で適切な治療を受けることが大切です。

スポーツ外傷は、受傷してから約3日間(約72時間)以内の処置が復帰時期を左右すると言われています。当院では、受傷してすぐの急性期に効果的なアイシングと特殊な電流をあてることにより、患者様の競技への早期復帰を目指しております。

スポーツ障害では、患者様の症状や慢性的な痛みの程度により、お一人お一人に合った緩和のためのリハビリを全力サポートさせて頂いております。

ケガや痛みがなければ、練習の質を上げ、常に100%の状態で試合や本番に挑むことができます。痛みを我慢しながらのプレーやパフォーマンスは、思わぬ故障を引き起こし、場合によっては日常生活も困難なほどの痛みに発展してしまいます。スポーツを楽しまれている皆様に、より楽しく、悔いの残らない時間を過ごして頂くために、サポートさせていただきます。

​最新医療機器で痛みを緩和!

最新医療機器で痛みを緩和!

当院では、最新の医療機器を使用し、患者様の痛みを緩和する事に勤めています。
オリンピック選手などのトップアスリートも使用している、3D電気刺激治療器や超音波治療器などの機器を多数導入しております。

最新医療機器を使用する事により、患者様から「今まで緩和できなかった痛みにも効くようになりました。」「痛みが軽くなりました」との嬉しいお話をいただいております。
是非一度お試しください。

​外傷を負ってしまったら…

外傷を負ってしまったら...

ご存知の方が多いと思いますが、基本はとても大切です!

  • ★Rice(安静)

    炎症を拡げないために。

  • ★Ice(冷却)

    血管を収縮させ腫れを少なくし、痛みも減少させます。

  • ★Compression(圧迫)

    腫れを抑えます。

  • ★Elevation(挙上)

    心臓より部位を高く挙げることにより、重力を利用し腫れを抑えます。

この4つ処置の中で、特にIce(冷却)は、急性期と言われている受傷から72時間以内に出来るだけ多く行うことをお勧めします。15分~20分程度冷却し、その後、約1時間間隔で繰り返し行います。この4つの基本処置(通称RICE)次第で、痛みの期間や回復時期が変わってきます。

​スポーツ外傷の治療例

スポーツ外傷の治療例

  • ★捻挫の場合

    アイシングはもちろん、特殊な電流をあてて治療します。捻挫の場合は、3D電気刺激治療器や超音波治療器という機器を使用し、電流をあてて治療する事によって、早期回復を目指します。

  • ★骨折の場合

    まずは、病院(接骨院)で診てもらってください。当院では、骨折治療器を使用して、骨折治療後のリハビリなどをサポートさせていただいております。

  • ★肉ばなれの場合

    肉ばなれは、初回(初期)の処置が適切ならば最短5日で競技復帰できる場合もあります。特殊な電流をあてながらアイシングや固定を行い、早期競技復帰を目指します。

試合や記録会、本番に間に合わせたい場合は、酸素カプセルを併用することにより、自然治癒力を高め、回復を早める効果を狙います。ご希望の場合は、スタッフまでお声掛けください。

  • WEB予約
  • Asaba Select for Athletes
  • オフィシャルブログ
  • スポーツ外傷・障害治療
  • 骨盤矯正
  • 交通事故治療
  • 日常生活による慢性的な痛み
  • 医療機器レンタル
  • 往診
  • 読むだけでスポーツ力が上がるブログ
  • トレーナー活動
  • 講習会・クリニック
  • バスケットボール国際交流試合を開催
  • 動画
page topへ